うのき生の一週間トップ > 6年生の一週間

うのき教育学院生 6年生の一週間

一例として、学院生たちの実際の一週間を一部ご紹介します。
※入会後にこの通りの個別指導等を保証するものではありません。

【Jくん・前期】
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
放課後
(土曜授業前)
宿題
(自習室にて)
19:00迄
剣道~18:00

宿題
(自習室にて)
21:30迄
宿題
(EXT)
作文対策
(EXT)
ラグビー
14:00~18:30
(土曜日)
選択算数国語
17:15~21:00 本科算数 本科理科社会 本科国語
授業後 宿題
(EXT)
宿題
(EXT)
宿題
(EXT)
児童コメント:
「ずっとラグビーを続けたいので父と相談して受験を決めました。
夏期講習をどうするかは父や先生と相談してきめるつもりです。」
講師コメント:
ハードな習い事は一学期で休止し、夏期講習以降は受験突破に全力を尽くしてほしいというのが本音です。
しかし、どちらも手を抜くことなく両立させるという想いが本物である場合に限り、学院スタッフもそれを全力で応援します。
【Kさん・前期】
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
放課後
(土曜授業前)
バイオリン~18:30

宿題
(自習室にて)
21:30迄
宿題
(自習室にて)
21:00迄
宿題
(EXT)
作文対策
(EXT)
宿題
(自習室にて)
14:00~18:30
(土曜日)
選択算数国語
17:15~21:00 本科算数 本科理科社会 本科国語
授業後 宿題
(EXT)
宿題
(EXT)
宿題
(EXT)
児童コメント:
「単身赴任の父が週末に帰って来るので、土曜と日曜だけは三人で夕食を食べます。
また、わたしは読書が好きなので、日曜日はずっと本を読むことを目標にしています。」
講師コメント:
学院は頑張る場、自宅はホッとする場、そんなメリハリある生活が「燃え尽きない」受験生活につながります。
【Lくん・後期】
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
放課後
(土曜授業前)
宿題
(自習室にて)
22:00迄
個別過去問演習
過去問個別指導
(自習室にて)
22:00迄
宿題
(EXT)
国語個別過去問
記述指導
(EXT)
日曜特別講座

理科個別弱点補強
14:00~18:30
(土曜日)
選択算数国語
17:15~21:00 本科算数 本科理科社会 本科国語
授業後 宿題
(EXT)
宿題
(EXT)
宿題
(EXT)
児童コメント:
「どうしても志望校過去問の理科でとれないので日曜日に個別で特訓をしてもらっています。
過去問ノートは3冊目に入りました。」
講師コメント:
志望校対策は日曜特別+個別過去問演習にておこないます。
6年後期からは毎週一人別に志望校の過去問題を演習していきます。
演習後は主として国語と社会は添削指導、算数と理科は個別指導となります。
【Mさん・後期】
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
放課後
(土曜授業前)
個別過去問演習
過去問個別指導
(自習室にて)
21:30迄
宿題
(自習室にて)
21:30迄
日曜特別講座

国語個別過去問
記述指導
作文指導
14:00~18:30
(土曜日)
選択算数国語
17:15~21:00 本科算数 本科理科社会 本科国語
授業後 宿題
(EXT)
宿題
(EXT)
児童コメント:
「駅伝の選手になったので朝練があります。
だから居残りは21:30までにしています。A中には絶対合格したいので冬休みからは全力でがんばります。」
講師コメント:
駅伝の練習以外のすべての時間を勉強にあて、隙のない充実した日々を過ごしています。
「長時間やらされる」勉強よりも「主体的にやる勉強」の方効果が大きいという好例です。